佐倉デンタルクリニック(一般歯科、小児歯科、歯周病治療、歯科口腔外科、予防歯科、入れ歯、訪問歯科診療)

入れ歯(義歯)製作

入れ歯について(総義歯・部分義歯)

入れ歯

入れ歯の悩みといえば・・・

  • 最近、食事をするたびに入れ歯が動く
  • 痛くて思うように食事がとれない
  • 金具が目立って気になる
  • 見た目をもっと自然にしたい

このような入れ歯に対する不満をよくお聞きします。
食事を楽しむことは健康を維持し、よく笑うことは私達の生活の質の向上に多いに影響致します。

当院ではすぐに新しい入れ歯を作るのではなく、今の入れ歯の違和感の原因を探っていくことから始めます

「入れ歯が合わない」ということを理由に来院される患者様に対しては、いきなり新しい入れ歯を作ることは致しません。
まずは違和感の原因を探っていきながら「治療用義歯」というものを使い、調整を行います。こうしたトライ&エラーを繰り返しながら、新しい入れ歯作りをスタート致します。この段階で使用している入れ歯が気に入った場合は、そのままお使いいただいても構いません。お口の中で馴染み、患者様が納得されているのであれば、それは一つの到達点と考えます。
このように当院では今お使いの入れ歯を様々な方法で調整・確認をしながら、患者様のニーズと医学的な提案のマッチングを行い、新しい入れ歯作りを進めております。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることが出来ます。

総入れ歯(総義歯)

総入れ歯すべての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯(部分義歯)

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定致します。

佐倉デンタルクリニックで取り扱っている入れ歯

ご要望に応え特別な入れ歯もお作り致します

当院では患者様のご要望にお応えし、特別な入れ歯もお作りしております。
例えば下記で紹介している、ノンクラスプデンチャーや金属床入れ歯などは、安定性、機能性、審美性に優れているので、従来の入れ歯では満足できない方に最適です。
口腔内の状況によってはおすすめ出来ない場合もあります。
詳しくはご相談ください。

ノンクラスプ・デンチャー《自費》

ノンクラスプ・デンチャー金属の留め金(クラスプ)がない為、笑ったときに目立たない入れ歯です。硬くないので、心地よく装着していただけます。
また、 金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

金属床義歯《自費》

金属床義歯歯肉に触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
強度のある金属床は、入れ歯を薄くすることができる為、違和感も少なく、保険適用の入れ歯よりも自然に近い発声が可能です。
また、金属なので食べ物の温度(熱さ・冷たさ)がよく伝わり、食事を美味しくいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

レジン床義歯《保険適用》

レジン床義歯歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つ為に厚く、大きめに作らなければならないので違和感がある、しゃべりにくいという難点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。
レジン床と金属床の比較

入れ歯の注意事項

まず入れ歯になれましょう
はじめのうちは、歯肉が傷ついて痛むことがありますので、無理に使用せず当たる部位を確認のうえご来院ください。
入れ歯を破損しないようにしましょう
ご自身で入れ歯を調整しないでください。合わなくなってしまいます。
入れ歯を清潔に保ちましょう
毎食後に、はずして洗ってください。寝る時は、はずしてお水の中で保管してください。
定期的に検診を受けましょう
しばらくすると、入れ歯ががたついたり、バネがゆるんだりします。
異常がなくても、半年に一度は点検の為にご来院ください。

京成臼井駅 北口ロータリー内 TEL 043-460-0220 診療時間 9:00 -19:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+