佐倉デンタルクリニック(一般歯科、小児歯科、歯周病治療、歯科口腔外科、予防歯科、入れ歯、訪問歯科診療)

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりについて

歯ぎしり・食いしばり

 

歯周病、知覚過敏、顎関節症・・・

「歯ぎしり」や「食いしばり」はそんな数多くの口腔疾患を引き起こす原因になってしまいます。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり・食いしばりは、上下の歯が強く接触した状態をいい、3つに大別されます。
無意識に行う場合が多く、歯や歯肉、顎へのダメージも大きなものとなります。

  • グラインディング……ギリギリと歯を擦り合わせる
  • クレンチング…………ググッと上下の歯を強く噛みしめる(食いしばり)
  • タッピング……………カチカチと歯をすばやく打ちならす

歯ぎしり・食いしばりが歯に与える悪影響

不快症状「歯ぎしり」や「食いしばり」を放置すると歯周病の悪化、肩こり、頭痛、めまいなど、様々な不快症状を引き起こしてしまう恐れがあります。
下記の症状に、あてはまる方は専門の医療機関の受診をおすすめしております。

口周りの不調

口周りの不調長期的になると歯だけでなく顎や顔の形にまで影響が広まります。
毎日、強く噛み合うことで、歯だけでなく、顎の筋肉、関節、さらには骨にまで影響を及ぼします。治療した歯の詰め物がすぐにダメになったり、時間をかけて矯正したのに結局歯並びが悪くなってしまうこともあります。

顎関節症

主に「歯ぎしり」が原因となる場合があります。
口を開けると顎の関節に痛みを感じる、顎の関節左右の動きにズレがあって違和感があるといった症状は顎関節症である可能性が高いでしょう。
また、物を噛むと顎の関節に痛みを感じる、顎が外れそうになるケースも同様です。

顔の変形

片側だけの「食いしばり」をしている人が一番危険です。
食事の際も同様に片側だけで噛む癖のある方が多くおられます。そういう生活習慣から、力を加える方にだけ顎の筋肉が発達して、顔の歪みを引き起こす原因になります。ひどくなると、目や頬の大きさや張り方が右左で違ってくることがあります。

知覚過敏

歯の表面のエナメル質がはがれ、象牙質の露出が原因で起こります。
むし歯が見当たらないのに冷たいものがしみる、歯ブラシが当たると瞬間的な激痛が走る場合は「知覚過敏」の可能性があります。
知覚過敏は軽度のものなら塗り薬の塗布などで症状を和らげることが出来ますが、ひどくなってしまうと歯の神経を抜く治療が必要になることがあります。

身体の不調

肩こり
歯ぎしりが原因で肩こりや頭痛、腰痛など様々な症状に発展し、全身にまで影響が広がります。

  • 頭痛・肩こり・腕のしびれ
  • 腰痛・股関節のずれ
  • 全身の倦怠感・だるさ

歯の食いしばりの治療法

①マウスピース(スプリント療法)

マウスピース睡眠時の食いしばりの為に「ナイトガード」というマウスピースを使用して、ダメージを軽減致します。

②ストレスの発散

食いしばりは、引越しや入学、転職といった環境の変化や大きなストレスが加わったことが原因で起きることがあります。ストレスをコントロール出来るように、リラックスする方法を見つけることも大事です。

③自己暗示療法

食いしばりは何かに集中しているときに起こることがあるので、自分で意識して食いしばらないように常に暗示をかけるように致します。

④ボツリヌス菌注射

ボツリヌス菌が作り出すタンパク質の作用によって、筋肉の緊張を和らげ、食いしばる際に力が入らないように致します。
*当院ではこの治療は行っておりません

京成臼井駅 北口ロータリー内 TEL 043-460-0220 診療時間 9:00 -19:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+